体重増加や体重減少

体重増加(肥満)や体重減少(やせる)を伴う病気 を紹介しています。

体重増加や体重減少

病気を伴う体重増加について

病気を伴う体重増加には、クッシング症候群、インスリンノーマ、甲状腺機能低下症、多嚢胞性卵巣などが挙げられます。

クッシング症候群では顔が丸くなって上半身の肥満が目立ちます。
また、皮膚が裂けたような赤紫色の線が下腹部や太ももなどにあらわれることがあります。

インスリンノーマでは低血糖となるために、過食になって体重が増加することがあります。この場合は低血糖によるイライラ、意識障害、発汗、動悸などを伴うことがあります。

甲状腺機能低下症では体重の増加や全身がむくみ、皮膚の乾燥などがあらわれることが多く、多嚢胞性卵巣の場合は、生理不順がみられます。

スポンサードリンク

病気を伴う体重減少について

甲状腺機能亢進症、糖尿病、慢性肝炎、肝硬変、膠原病、悪性腫瘍、アジソン病、慢性疲労症候群、うつ病、ネフローゼ症候群、腹膜炎、卵巣腫瘍、慢性膵炎など。

食事に関してはいつもと変わらないのにやせていく場合は甲状腺機能亢進症の可能性があり、その他症状には手のふるえ、汗をかくなどの症状が見られることがあります。

異常にのどが渇いて、頻尿を伴う場合は糖尿病の疑いがあります。
慢性肝炎肝硬変、悪性腫瘍、膠原病、慢性疲労症候群の場合は、体重減少に伴い倦怠感や食欲低下がみられることが多いです。

食欲が低下して不眠や抑うつ気分を伴う場合は、うつ病の可能性があります。
ネフローゼ症候群卵巣腫瘍腹膜炎の場合は食欲低下による体重減少の他にお腹の張りを覚えることが多いです。

食欲低下による体重減少に伴って、腹痛や吐き気などがみられる時は慢性膵炎や膵臓がんの可能性があり、熱がある場合は膠原病、エイズ、肺結核悪性リンパ腫の可能性があります。

慢性閉塞性肺疾患肺結核肺がんの場合はせきやたんが見られることが多く、高血圧を伴う場合は褐色細胞腫が考えられます。

スポンサードリンク


体重増加や体重減少は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .