体がだるい・倦怠感

体がだるい・倦怠感から考えられる病気 を紹介しています。

体がだるい・倦怠感

体のだるさ・倦怠感について

倦怠感(体のだるさ)は通常、ゆっくり体を休めたり体を動かして気分転換などを行うと回復しますが、倦怠感がいつまでたっても治らず持続する場合は、何らかの病気が背景にある可能性があります。

スポンサードリンク

倦怠感(体のだるさ)を伴う病気

倦怠感を伴う病気は、風邪、貧血症、肝臓や胆嚢の病気、膠原病、膀胱炎、腎臓病、気管支拡張症、糖尿病、うつ病、心身症、低血圧症、起立性調節障害など様々です。
以下では倦怠感に伴う症状について、考えられる病気を挙げています。

☆黄疸が見られる
肝炎肝硬変といった肝臓の病気や胆石症などの胆嚢の病気が考えられます。

☆発熱がある
風邪の可能性が考えられますが、その他にインフルエンザ肺結核関節リウマチ白血病の可能性もあります。

☆顔のむくみや、握りこぶしを作ったときに違和感を感じる
腎臓、心臓、甲状腺に関する病気が考えられます。このような病気には腎炎腎不全ネフローゼ症候群心不全甲状腺機能低下症ビタミンB1欠乏症などがあります。

☆めまいがおこる
顔色が悪くて青白い場合は貧血症の疑いがありますが、その他にも更年期障害などの可能性があります。

☆体重の増減
普通に生活をしていて、1ヶ月間に4kgなどの急激な減少が見られる場合は糖尿病悪性リンパ腫の可能性があります。逆に増加が見られる場合はクッシング症候群の可能性があります。

☆よく寝れない(不眠)、意欲の低下
バセドウ病アジソン病などの内分泌系の病気のほかに、うつ病全般性不安障害心身症などの精神疾患の可能性があります。

スポンサードリンク


体がだるい・倦怠感は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .