冷えやほてり

冷えやほてりから考えられる病気 を紹介しています。

冷えやほてり

全身の冷えやほてり

全身の冷えやほてりは、怖い体験などをして一時的に起こる場合は日常でもよくみられます。医師にみてもらった方がいい冷えやほてりには、一時的ではなく長く続くときなどです。

ここでは全身の冷えやほてりの症状がみられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

冷えとほてり両方ある場合に考えられる病気

冷えとほてりが同時にある場合とは、例えば手足や背中が冷たく感じて、顔や胸の上部がほてり覚えるといったものです。

このような場合は冷え性がひとつとして考えられますが、その背景には食生活の乱れ、低血圧症貧血などが隠されている可能性があります。

全身が冷える場合に考えられる病気

甲状腺機能低下症、レイノー病など。

甲状腺機能低下症では全身の冷えの他に、倦怠感、抜け毛、注意散漫になるなどの症状があります。

レイノー病では、皮膚血管が一時的に収縮します。そのため、冷水に手足入れた後に数十分経過しても冷えがおさまらず、血の気がないといった状態がみられます。その他、血管が詰まって血行が悪くなっている可能性があります。

全身のほてりがある場合に考えられる病気

甲状腺機能亢進症、高血圧、動脈硬化など。

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)では女性が多く、全身のほてりや汗かき、手のふるえなどの症状がみられます。
高血圧動脈硬化では、ほてりがつづいて熱があることがあります。

スポンサードリンク


冷えやほてりは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .