出血しやすい

出血しやすい時に考えられる病気 を紹介しています。

出血しやすい

"出血しやすい"とは?

"出血しやすい"という状態は、鼻血、歯みがきによる出血、皮下出血(内出血)などがおきやすい状態のことです。
このような出血しやすい状態になる背景には、血小板や血液凝固因子の異常、血管壁の異常などが隠れている可能性があります。

スポンサードリンク

出血しやすい場合に考えられる病気

シェーンライン・ヘノッホ紫斑病、血小板減少性紫斑病、血友病、血小板機能異常症、白血病再生不良性貧血などがあります。

シェーンライン・ヘノッホ紫斑病は子供の病気の1つで、感染によって血管の炎症が起きるため紫斑や血尿などの出血傾向がみられます。その他の症状には関節痛、むくみ、腹痛などが起きる可能性があります。

乳幼児期の男の子では血友病による出血傾向がみられ、特に肘・膝・股関節に出血が起こりやすいです。

血小板減少性紫斑病は血小板が減少することにより、歯や歯茎からの出血、血尿などの出血傾向がみられます。

スポンサードリンク


出血しやすいは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .