食欲不振または過度な食欲

食欲不振や過剰な食欲から考えられる病気 を紹介しています。

食欲不振または過度な食欲

食欲の変化について

食欲は肝臓、膵臓などの内蔵機能や血液中のホルモン濃度によって変化します。食欲の身体的影響の他には精神的な面でも影響します。

日常生活で食欲不振になる要因には、睡眠不足やストレス、過労などがあります。逆に過度な食欲が見られる場合には日常生活でのストレスや胃薬によっても影響してきます。

それでは食欲不振または食欲の過多から考えられる主な病気について紹介します。

スポンサードリンク

徐々にみられる食欲不振から考えられる病気

徐々に食欲が無くなってくる場合は、慢性胃炎、慢性肝炎、結核、悪性腫瘍、うつ病、拒食症、甲状腺機能低下症、尿毒症、心不全などの可能性があります。

食欲低下で体重減少がみられるのは、慢性胃炎慢性肝炎結核、悪性腫瘍、うつ病拒食症などで、この中でも拒食症は特に若い女性に多く、食欲低下による体重減少や月経が止まるなどの症状がみられます。

逆に食欲がなくても体重が増加する場合は甲状腺機能低下症尿毒症心不全などの可能性があります。この場合は、むくみや倦怠感を伴うことが多いです。

突然起きる食欲不振から考えられる病気

食欲不振が突然起きた場合は、胃・十二指腸潰瘍胃炎食中毒、嘔吐下痢症、急性肝炎、妊娠などがあります。

胃・十二指腸潰瘍の場合、突然の食欲不振やみぞおちの痛みなどの症状がみられます。急性胃腸炎や嘔吐下痢症の場合は発熱、嘔吐、下痢などの症状もみられます。

急性肝炎では食欲不振に倦怠感や黄疸が見られることが多いです。

異常に食欲がある場合

糖尿病、甲状腺機能亢進症、過食症など。

糖尿病の場合は過度な食欲による体重増減に関しては個人差がありますが、喉が渇きやすい状態になります。

食欲旺盛で沢山食べるのに体重が減少する場合は、甲状腺機能亢進症の可能性があります。甲状腺機能亢進症では、その他症状に頻脈や動悸、目の突出などがみられることがあります。

過食症の場合は若い女性に多い病気で、過剰に食べてその後に無理やり吐くという行動を繰り返します。

スポンサードリンク


食欲不振または過度な食欲は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .