汗が異常に多い/汗をかかない

汗が異常に多い/汗をかかない(汗が異常に少ない)場合に考えられる病気 を紹介しています。

汗が異常に多い/汗をかかない

汗が異常に多いときに考えられる病気

甲状腺機能亢進症、低血糖発作など。

甲状腺機能亢進症では、汗を異常にかく症状の他にも、体がやせる、眼球が突出する、手が震えるといった症状が現われることがあります。

安静時でも突然汗をかいて気分が悪くなり、ふらふらとする場合、低血糖発作の可能性が考えられます。低血糖発作は糖尿病の患者さんの治療中に起こることがありますので、このような場合はすぐに医師に診てもらう必要があります。

スポンサードリンク

汗をかかない、汗が少ないときに考えられる病気

脱水症、甲状腺機能低下症など。

運動後や夏の日などの暑い環境でも汗をかかない、または汗が少ない場合は、脱水症を引き起こしている可能性があります。
このような場合は、横になって安静にし、水分補給をすることが大切です。そして、すぐに医師にみてもらうようにします。

汗をかかない、または汗が出ない状態が起きて、体重増加、むくみ、倦怠感、寒く感じる、などの症状が現われると甲状腺機能低下症の可能性があります。

スポンサードリンク


汗が異常に多い/汗をかかないは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .