頭痛がする

頭痛から考えられる病気 を紹介しています。

頭痛がする

脈打つような頭痛の場合

片頭痛が可能性の1つとして考えられます。
偏頭痛の場合は、脈打つような頭痛が10分〜数時間続いて嘔吐や吐き気を伴うことが多いです。

人それぞれですが、前兆には視界がきらきら光るような感じを覚えたり手足の痺れやめまいなどがあらわれます。

スポンサードリンク

締め付ける頭痛の場合

締め付けるような痛みを覚える頭痛の場合は緊張性頭痛の可能性があります。この頭痛では後頭部、額付近に痛みや違和感を感じ、次第に頭痛の持続時間が長くなっていきます。

数日〜数ヶ月だけに集中して起こる頭痛

群発性頭痛の可能性があり、中年の男性によくみられます。群発性頭痛では、額、目の周り、目の奥などが強く痛みます。そして目の充血や流涙、鼻づまりなどの症状を伴うことがあります。

頭痛の症状があらわれる病気

緑内障、アレルギー性鼻炎急性副鼻腔炎慢性副鼻腔炎鼻中隔彎曲症中耳炎、くも膜下出血、脳腫瘍、細菌性髄膜炎、慢性硬膜下血腫、高血圧性脳症、脳卒中、脳出血脳梗塞うつ病など。

目の病気では緑内障で頭痛が起きやすいです。
緑内障では頭痛や目の痛み、嘔吐、視力障害、白目の充血などの症状も伴います。

特に危険を伴う頭痛には、くも膜下出血脳腫瘍細菌性髄膜炎、慢性硬膜血腫です。

くも膜下出血では頭痛に吐き気、嘔吐、意識障害などの症状が現われます。
脳腫瘍では寝起きの頭痛がみられやすく、頭を動かしたり咳をすると痛みを強く感じます。細菌性髄膜炎では発熱を伴います。

スポンサードリンク


頭痛がするは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .