顔の半分が痛い

顔面の片側が痛む場合に考えられる病気 を紹介しています。

顔の半分が痛い

顔面の半分が痛む場合

顔面の半分が痛む痛む場合は、三叉神経に障害が起きている可能性があります。

三叉神経は顔面の右と左に別々に走っているため、片側が痛むことが起こります。 三叉神経に障害が起きる原因には、脳、目、耳、歯などの様々な病気から引き起こります。

そこで顔面が痛む場合に考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

顔面の半分の痛みから考えられる病気

三叉神経痛、群発頭痛、帯状疱疹、上顎がん、脳腫瘍、上咽頭腫瘍、虫歯、副鼻腔炎など。

急に激しく顔の半分が痛んで短時間で治まる場合は、三叉神経痛群発頭痛などが可能性の1つとして考えられます。

三叉神経痛は血管による神経の圧迫で、片側の顔面が数十秒から数分続きます。中年の女性に多い傾向があります。群発性頭痛の場合は、片目の奥や目の周囲に脈打つような痛みが数十分〜数時間続きます。

痛みが長期間続いて、時間が経過するにしたがって痛みが強くなっていく場合は帯状疱疹や虫歯、副鼻腔炎など、目・耳・鼻の病気が原因となっている可能性があります。

スポンサードリンク


顔の半分が痛いは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .