顔色が悪い

顔色が悪い場合に考えられる病気 を紹介しています。

顔色が悪い

顔色が悪くなる原因は?

顔色の変化にも様々なものがあります。
顔色の変化には、血の気が引いたような"顔面蒼白"や顔色が黄色くなる"黄疸"、そしてしみができる色素沈着などがあります。
そこで、顔色の特徴ごとに化膿性のある病気について紹介します。

スポンサードリンク

顔色が白い場合(顔面蒼白)から考えられる病気

顔色が白っぽくなる場合は、貧血がまず考えられます。
貧血になると顔面蒼白の他に、息切れ、倦怠感などを伴い、手のひらや爪の色も白くなっていることが多いです。

顔色が黄色い場合(黄疸)から考えられる病気

顔色が黄色くて白目も黄色い場合は黄疸の可能性があります。

黄疸の場合は肝炎肝硬変、肝不全などの肝臓の病気や、胆石症などの胆のう、膵臓の病気の可能性があります。
なお、ミカンの食べすぎの場合は柑皮症である可能性が高いです。

顔面に色素沈着や色斑ができた場合、考えられる病気

顔面に黒いしみ(色素沈着)が突然起こる場合はアジソン病の可能性があります。アジソン病の場合は、舌の黒ずみや体重減少などの症状もみられます。

スポンサードリンク


顔色が悪いは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .