視野狭窄・視野が欠ける

視野狭窄から考えられる病気 を紹介しています。

視野狭窄・視野が欠ける

視野狭窄について

視野狭窄とは、視野の一部分が見えない状態をいい、暗点とも呼ばれます。

そして、視野の中心に向かって見えなくなる場合は中心暗点と呼ばれます。
そこで、視野の一部が欠ける視野狭窄(暗点)が起きたときに考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

視野狭窄から考えられる病気

緑内障、網膜剥離、中心性網膜炎、脳腫瘍など。

慢性の緑内障の場合は、視野の中心に向かって見えにくくなる視野狭窄が見られることがあり、鼻側から視野が狭くなってきます。

網膜剥離の場合は、視野の外側や下側が見えない症状がみられます。
そして、目の前にチカチカと何かが飛ぶように見える症状もあらわれることがあります。

中心性網膜炎の場合は、視野の中央がよく見えになくなり、物がゆがんで見える症状などがあらわれます。

脳腫瘍では頭痛やめまいなどを伴うことが多いです。

スポンサードリンク


視野狭窄・視野が欠けるは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .