物が小さく見える/物がゆがんで見える

物が小さく見える/ゆがんで見えるときに考えられる病気 を紹介しています。

物が小さく見える/物がゆがんで見える

物が小さく見える/ゆがんで見えるときに考えられる病気

中心性網膜炎が可能性の1つとして考えられます。

中心性網膜炎とは中心性漿液性脈絡網膜症とも呼ばれ、目の奥の網膜の中心部、"黄斑"に水がたまることで、視野異常を引き起こす病気です。
30代〜40代の男性に多く、主に片目に発症します。

中心性網膜炎を引き起こす原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや過労などが原因のひとつとして言われています。

スポンサードリンク

中心性網膜炎の症状

中心暗点、中心部の色がおかしい、小視症、変視症など。

中心暗点とは視野の中心が暗くなる症状で、小視症とは物が小さく遠くに見える症状です。
変視症とはものがゆがんで見える症状のことです。

異常のような症状が片目だけに起こります。
中心性網膜炎の詳しい解説についてはこちらの中心性網膜炎をご覧下さい。

スポンサードリンク


物が小さく見える/物がゆがんで見えるは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .