飛蚊症

飛蚊症 を紹介しています。

飛蚊症

飛蚊症とは?

飛蚊症とは硝子体の濁りによって、目の前に黒いごみのようなものが飛んでいるように見えたりする症状のことをいいます。

目の硝子体が濁る原因の1つには目の老化現象によるもので、このような場合の飛蚊症は心配いりません。
なお、目の老化による飛蚊症(生理的飛蚊症)は、10代や20代の人でも起こることがあります。

スポンサードリンク

目の老化現象以外の飛蚊症

目の老化現象以外による飛蚊症では、網膜剥離や出血があります。

飛蚊症で見られるの黒いごみのようなものが突然増えた場合や見えにくくなった場合は網膜剥離や出血している可能性があり、すぐに眼科で診てもらう必要があります。

飛蚊症は治る?

飛蚊症は一度起きると治らないといわれています。
しかし老化による飛蚊症では、網膜剥離や出血などによる飛蚊症と異なり、生理的なものなので心配いりません。

スポンサードリンク


飛蚊症は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .