色を区別できない(色覚異常)

色覚異常 を紹介しています。

色を区別できない(色覚異常)

色覚異常とは?

色の区別ができない場合は、色覚異常の可能性があります。

色覚異常には先天性と後天性のものがあります。後天性の色覚異常は、視神経や眼底の病気によって起こることがあります。
一方で先天性の色覚異常は遺伝によって起こります。

スポンサードリンク

色覚異常の原因

色覚異常は赤緑青の3種類の色を感じる視細胞の垂体の働きが弱いことが原因で起こります。

垂体の働きで、1種類の色を感じる力が弱いと色弱と呼び、2種類の色を感じる力が弱いと色盲と呼びます。
色覚異常で最も多いのが、赤と緑が見えにくい色覚異常です。

色覚異常の検査

色覚異常の検査は、平成14年度までは学校の定期健康診断で行われていましたが、現在では行われていません。
色覚異常の検査では石原式色覚検査表やアノマロスコープなどを使用して色覚異常の診断を行います。

スポンサードリンク


色を区別できない(色覚異常)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .