難聴

難聴の症状から考えられる病気 を紹介しています。

難聴

大音量の環境で引き起こる難聴

職業性難聴・騒音性難聴など。

職業性難聴・騒音性難聴では大音量の環境で長期間いると、しだいに耳の聞こえが悪くなっていく難聴です。 これは内耳神経に障害が起きることで生じる難聴です。
職業性難聴・騒音性難聴の特徴は高音から聞こえづらくなっていき、一度進行すると回復が難しくなります。

スポンサードリンク


突然の難聴


突発性難聴、メニエール病など。


突発性難聴では突然の難聴にめまいや吐き気を伴うこともあります。
一般的に片耳に起こることが多く、原因は不明です。

しかし難聴が生じてからすぐに治療を行うと、治りがよいといわれています。


メニエール病は突然の難聴、めまい、耳鳴りが繰り返し起こります。

メニエール病の原因はストレスが関与しているといわれていますが、はっきりとわかっておりません。

徐々に起きる難聴


聴神経腫瘍、耳硬化症、老人性難聴、滲出性中耳炎など。


聴神経腫瘍による難聴の特徴は、片側の耳が徐々にきこえづらくなることです。

この難聴は、音を伝える神経に腫瘍が生じることが原因です。


耳硬化症では聴神経腫瘍とちがって、両耳で聞こえが悪くなっていきます。

この難聴では、耳の中の音を伝える骨がかたくなって、聴力の機能が低下することが原因です。


老人性難聴ではおおよそ45歳を過ぎてから、加齢に伴い聞こえづらくなっていきます。
この難聴の原因は音を伝える神経細胞の老化で、とくに高音に対する感度が低下します。
老人性難聴の場合は治療による回復は難しいです。


滲出性中耳炎とは耳の中耳腔や乳突洞にサラサラとした滲出液がたまる病気で、3歳〜7歳の子供や高齢者に多い病気です。
主な症状は難聴と耳の閉塞感で、耳の痛みはありません。

スポンサードリンク


難聴は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .