子供の鼻づまり

子供の鼻づまりから考えられる病気 を紹介しています。

子供の鼻づまり

鼻づまりについて

ここで紹介する鼻づまりとは、鼻が詰まっていない方の鼻を押さえて口を閉じると、息ができないという状態のことです。
ここでは、子供の鼻づまりから考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の「症状/検査/治療法など」がわかりますので、是非ご参照ください。

赤ちゃんの鼻づまりの場合

先天性後鼻腔閉鎖症の可能性があります。
先天性後鼻腔閉鎖症は、鼻の穴から喉の間が生まれつきふさがっている状態で、まれな病気です。

スポンサードリンク

幼児から小学校高学年以降の鼻づまりの場合

急性鼻炎、慢性副鼻腔炎、肥厚性鼻炎、アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、など。

急性鼻炎は風邪を引いたときに起こります。
急性鼻炎の症状にはくしゃみ、鼻水、鼻づまりで、風邪による熱や倦怠感、頭痛などを伴うことがあります。

慢性副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれ、副鼻腔の炎症が慢性化して膿がたまった状態のことをいいます。慢性副鼻腔炎の症状では、鼻づまり、鼻水が主な症状で、鼻水による集中力が低下したり、気管支への細菌感染で、気管支炎を引き起こすこともあります。

肥厚性鼻炎とは鼻粘膜が腫れあがる病気で、鼻粘膜の腫れによって鼻づまりを生じます。いつも鼻がつまっていて、他に症状がない場合は肥厚性鼻炎の可能性があります。
この鼻づまりは姿勢によって鼻の通りが変化して、仰向けに寝ると悪化し、横向きでは下側になった鼻がつまります。

アレルギー性鼻炎は何らかのアレルギーを引き起こす原因によって、くしゃみ、鼻水、目のかゆみといった症状があらわれます。このアレルギー性鼻炎を引き起こす原因には、花粉、ハウスダスト(ほこり、ふけ、ダニ、カビなど)や食物などがあり、子供の場合はハウスダストによるアレルギーが多いです。

鼻中隔が曲がっていることによる症状が現われたとき、鼻中隔彎曲症といいます。主な症状は鼻づまりや頭痛で、片方の鼻がいつも詰まる場合は鼻中隔彎曲症の可能性があります。

スポンサードリンク


子供の鼻づまりは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .