喘鳴(呼吸時にゼーゼーと音がする)

喘鳴から考えられる病気 を紹介しています。

喘鳴(呼吸時にゼーゼーと音がする)

喘鳴について

喘鳴とは呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」というような音がする状態をいいます。喘鳴は、気管または気管支のどこかが狭くなることが原因です。

喘鳴には主に2タイプあります。
1つ目は息を吸うときに喘鳴が聞こえるタイプで、気道の太い部分に狭窄がおきています。もう一方は息を吸っても吐いても喘鳴が聞こえるタイプで、こちらは気道の細い部分に狭窄がおきています。

スポンサードリンク

喘鳴から考えられる病気

風邪、喉頭浮腫、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患など。

風邪による喘鳴では、ウイルスなどの感染によって太い気道に狭窄が起こります。

喉頭浮腫とは喉が腫れて呼吸が困難になる状態で、喘鳴がみられます。喉頭浮腫はアレルギーによって突然起こることがあります。

気管支喘息は喘鳴の症状がみられる代表的な病気です。気管支喘息は慢性型と発作型の2種類ありますが、原因にはなんらかのアレルギーが関与していると考えられています。

慢性閉塞性肺疾患はCOPDよも呼ばれ、気流閉塞がゆっくりと進行していきます。COPDの原因の一つには喫煙があり、進行度はタバコの本数に依存するといわれています。

スポンサードリンク


喘鳴(呼吸時にゼーゼーと音がする)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .