痰が出る

痰の症状から考えられる病気 を紹介しています。

痰が出る

痰・血痰について

痰は白血球や上皮細胞などから構成されていて気管、気管支、肺から分泌されます。痰の分泌量は健康な人でも1日50ml〜100mlになるといわれています。

そこで、痰の症状から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

特徴のある痰から考えられる病気

◆ネバネバした無色の痰・白色の痰
慢性閉塞肺疾患、気管支炎、咽頭炎、喉頭炎など。

慢性閉塞性肺疾患はCOPDとも呼ばれ、気流閉塞がゆっくりと進行していきます。喫煙者で慢性的に痰が出る場合は慢性閉塞性肺疾患の可能性も考えられます。

最近になって痰が見られるようになった場合は、気管支炎、咽頭炎、喉頭炎などが考えられます。
気管支炎では咳の症状が次第に強くなっていき、痰を絡んだ咳に変化していきます。マイコプラズマによる急性気管支炎では発熱を伴うことがあります。

喉頭炎咽頭炎では、喉が赤く腫れて痛み、発熱、咳、声がれ、かゆみ、痰などの症状がみられます。

◆膿性の痰・ネバネバする痰
気管支拡張症、慢性閉塞肺疾患など。

慢性的に続く場合は、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、慢性気管支炎の可能性があります。 気管支拡張症とは、気管支が拡張して元に戻らなくなった状態のことで痰を伴う咳の他にも血痰、喀血などもを引き起こす可能性があります。

最近になってこのような痰が見られる場合は、肺炎、膿胸などの可能性があります。
肺炎は感染性肺疾患の一つで、肺に炎症が起こる病気です。
肺の炎症は主に微生物の感染によって引き起こされますが、その微生物の種類によってそれぞれ肺炎の特徴があります。

膿胸は胸膜に炎症を引き起こして胸水が膿性となった病気で、寒気、震え、発熱、胸痛、背中の痛み、息切れ、呼吸困難、胸部の圧迫感などがみられます。

◆無色で粘りが少ない痰
気管支喘息、肺水腫など。

気管支喘息では発作的な呼吸艱難が起こって治り始める頃に痰がみられます。

一方で肺水腫は発作性はみられず、数日間の少ない痰がみられます。肺水腫は肺に水が溜まる状態のことで、呼吸困難が主な特徴です。

スポンサードリンク


痰が出るは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .