喉の痛み

喉の痛みの症状から考えられる病気 を紹介しています。

喉の痛み

のどの痛みについて

のどの痛みの症状でも最も多いのが、風邪による喉粘膜の炎症です。
風邪の場合は喉の粘膜が赤く腫れて、発熱、せき、鼻水、鼻づまりといった症状がみられます。
そこで、風邪をのぞく喉の痛みから考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

喉の痛みの症状から考えられる病気

インフルエンザ、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、白血病など。

インフルエンザはインフルエンザウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症の一つです。インフルエンザの症状は風邪よりも強い症状があらわれて、主に高熱、鼻水、喉の痛み、咳、頭痛、関節痛、腰痛、筋肉痛などがみられます。

咽頭炎は咽頭粘膜に炎症が起きる病気で、風邪による急性咽頭炎や急性咽頭炎を繰り返すことによって起こる慢性咽頭炎などがあります。喉が赤く腫れて、食べ物を飲み込むときに痛みを感じたりします。

喉頭炎は喉頭の粘膜に炎症が起こった状態をいいます。喉頭は気管と食道の境目にあり、発声、呼吸、気道への飲食物の侵入を防ぐ働きをします。喉頭炎となると喉が赤く腫れて痛み、発熱、咳、声がれ、かゆみなどの症状がみられます。

扁桃炎は扁桃の粘膜に炎症が起こる病気です。扁桃は外部からの病原体の侵入を防ぐ役割を持ちます。しかし細菌の感染力が上回って扁桃炎となると、喉が赤く腫れて痛み、発熱などがあらわれます。

白血病は血液の白血球が、がん化した病気です。白血病の症状には扁桃が腫れてのどの痛みを伴うことがあります。

スポンサードリンク


喉の痛みは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .