嚥下障害(食べ物を飲み込めない・飲み込みにくい)

嚥下障害(嚥下困難)から考えられる病気 を紹介しています。

嚥下障害(食べ物を飲み込めない・飲み込みにくい)

嚥下障害について

嚥下障害とは嚥下困難とも呼ばれ、食べ物や唾液を飲み込むことがつらい状態をいいます。耳嚥下障害の症状に対する検査では、喉頭鏡検査や喉頭内視鏡検査、食道内視鏡検査によって喉の状態を確認します。
また、胸部X検査やCT検査、MRIなども行うことがあります。
そこで、嚥下障害から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

嚥下障害の症状から考えられる病気

声帯麻痺、重症筋無力症、逆流性食道炎、咽喉頭異常感症、全般性不安障害、うつ病、食道アカラシア、食道がん、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍など。

声帯麻痺とは、声を出す筋肉の収縮をつかさどる反回転神経が麻痺する病気です。声帯麻痺になると、食べ物を飲み込むときにむせやすくなりますが、痛みはありません。

重症筋無力症とは、免疫異常が原因で筋力低下を引き起こす病気です。
嚥下障害のほかに、手足の力が入らない、まぶたが下がる、といった症状がみられます。

逆流性食道炎は、胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きる病気です。特徴的な症状は胸焼けで、その他に胸の痛み、食べたときの食道付近の詰まった感じ、咳や喘息のような発作を引き起こします。

咽喉頭異常感症では喉に何か異物感がある感じを訴える病気です。
物を飲みにくい違和感を感じますが、喉には疾患はみられません。
この原因には甲状腺機能異常やがんなどの要因が隠れていることがあります。

咽喉頭異常感で検査を行っても異常がない場合は、うつ病全般性不安障害といった心の病気から身体症状があらわれている可能性があります。

食道アカラシアとは食道の筋肉が緊張して、食道のぜん動運動ができない状態をいいます。食べ物を飲み込むときに、胸がつかえる感じを覚え、胸部の痛みや圧迫感といった症状もみられることもあります。

食道がんはタバコ、お酒、刺激のある食べ物が原因であると考えられています。嚥下障害のほかには、体重減少や胸がつかえる感じを覚えたりします。

扁桃炎は扁桃に炎症が起こる状態で、急性扁桃炎と慢性扁桃炎があります。
風邪の後に喉が痛んで嚥下障害を引き起こす場合は急性扁桃炎の可能性があります。

扁桃周囲膿瘍とは、扁桃炎が進行して扁桃の外側に膿が溜まって大きく腫れる状態です。激しい咽頭痛、物を飲み込むのがつらい嚥下障害、発熱、口を開けることが困難になる開口障害等の症状がみられます。

スポンサードリンク


嚥下障害(食べ物を飲み込めない・飲み込みにくい)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .