声枯れ

声枯れから考えられる病気 を紹介しています。

声枯れ

声枯れの症状について

子供に声枯れが起こった場合は、大声を出しすぎによる声枯れや風邪を引いたときの声枯れが多いです。
大人の声枯れでは風邪以外にも、カラオケ、タバコ、アルコールなどが原因で声枯れになることがあります。
そこで、声枯れの症状から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

声枯れから考えられる病気

急性咽頭炎、声帯ポリープ、喉頭がん、声帯結節、反回神経麻痺、心因性失声症など。

急性咽頭炎は主に風邪を引いたときに起こります。
喉頭炎は喉頭の粘膜に炎症が起こった状態で、風邪の細菌やウイルスが原因となって発病します。喉頭炎となると喉が赤く腫れて痛み、発熱、咳、声がれ、かゆみなどの症状がみられます。

声帯ポリープは声帯に直径2,3ミリの半球状の腫瘤ができます。
声の出しすぎによる喉の酷使が原因となって、声枯れや声を出しにくくなります。

喉頭がんは女性より男性に多い病気です。
主に喫煙と飲酒が関係していて、声枯れや喉の痛み、血痰、息苦しさなどの症状がみられます。

声帯結節では声帯ポリープと同様、声の出しすぎによる声帯の酷使が原因です。
声帯ポリープよりも結節は小さく、声枯れや声が割れるといった症状がみられます。

反回神経麻痺は声帯麻痺とも言われ、脳、首、食道、気管、甲状腺の病気、がんなどが原因で声帯麻痺になることが多いです。主な症状はしゃがれ声で、息が漏れるような声が特徴的です。

心因性失声症は声帯や喉に異常がないですが、声が出ない病気です。
この場合は心理的な葛藤が原因となり、声失状態となります。

スポンサードリンク


声枯れは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .