いびき

いびきから考えられる病気 を紹介しています。

いびき

いびきについて

いびきは呼吸時の息の通りが狭いために、上気道の口腔粘膜が振動することで発声します。この振動を引き起こす組織には、軟口蓋、扁桃、舌根部などがあります。

特に疲れがひどいときやお酒を飲んだ時に、口腔粘膜が弛緩することでいびきが発声しやすくなります。肥満の場合は、気道の内腔が狭くなりますのでいびきをかきやすいです。
そこで、いびきの症状から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

いびきから考えられる病気

睡眠時無呼吸症候群、扁桃肥大、脳卒中など。

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が10秒以上止まって、苦しくなってからまた呼吸するという状態を何度も繰り返す病気です。このような状態が続くと様々な合併症を引き起こす可能性があります。

扁桃肥大とは扁桃が異常に肥大した状態で、空気の通り道が狭くなるためにイビキをかきやすくなります。

異様なほど非常に強いいびきをかいて、起こしても反応しない場合は脳卒中の可能性があります。

スポンサードリンク


いびきは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .