食道のつかえ

食道のつかえを覚える時に考えられる病気 を紹介しています。

食道のつかえ

食道のつかえについて

食道のつかえは液体よりは固形物の方が強く感じることが多いですが、なかには液体の方につかえる感じを覚えることがあります。
そこで、食道のつかえから考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

固形物に食道のつかえを覚える時に考えられる病気

逆流性食道炎、胃酸過多症、食道裂孔ヘルニア、食道がんなど。

逆流性食道炎は胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きる病気です。特徴的なのが胸焼けで、その他に胸の痛み、食べたときの食道付近の詰まった感じ、咳や喘息のような発作を引き起こします。

胃酸過多症では胃酸の分泌が過剰になって、胃や食道などの粘膜を傷つけてしまう状態です。胸やけ、げっぷ、胃の酸っぱい液体が口まで逆流してくる呑酸などの症状が見られます。

食道裂孔ヘルニアとは食道裂孔の一部が脱出した状態のことで、胸焼け、逆流間、嚥下障害、胸部の圧迫感、胸痛などの症状があります。

食道がんはタバコ、お酒、刺激のある食べ物が原因であると考えられています。早期では無症状や飲み込むときの固形物の軽い違和感といったものですが、ガンが進行すると液体もつかえる感じを覚え、嚥下障害などを引き起こします。

固形物より液体に食道のつかえを覚えるとき

食道アカラシアなど。
食道アカラシアとは食道の筋肉が緊張して、食道のぜん動運動ができない病気です。食べ物を飲み込むときに胸がつかえる感じを覚え、水を飲むのも困難であることが多いですが、その程度には個人差があります。

スポンサードリンク


食道のつかえは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .