胸焼け・胃もたれ・げっぷ

胸焼け・胃もたれ・げっぷから考えられる病気 を紹介しています。

胸焼け・胃もたれ・げっぷ

胸焼け・胃もたれ・げっぷについて

胸焼けは胸がやけるような不快感を感じる状態です。 胃に近い食道付近が胃酸や胆汁によって刺激を受けたり、何らかの原因で拡張すると胸焼けが起こります。

胃もたれは消化物が胃にとどまり、十二指腸へなかなか流れないために不快感を覚える症状です。みぞおち付近の不快感や胃の張りがみられます。
そこで、胸焼け・胃もたれ・げっぷから考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

胸焼け・胃もたれ・げっぷから考えられる病気

空気嚥下症、神経性食欲低下症、逆流性食道炎、胃酸過多症、食道裂孔ヘルニア、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、慢性胃炎、胃がん、胆石症、胆嚢炎など。

空気嚥下症とは食事中以外にも無意識に空気を嚥下して胃や腸に空気がたまる状態のことで、早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。 心配のない症状ですが、胸焼けやげっぷをがみられます。

胸焼け・胃もたれ・げっぷは神経性食欲低下症(拒食症)といった心の要因からでも起こることがあります。このような症状によって食事に支障があらわれます。

逆流性食道炎は胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きる病気です。特徴的なのが胸焼けで、その他に胸の痛み、食べたときの食道付近の詰まった感じ、咳や喘息のような発作を引き起こします。
なお、食道裂孔ヘルニア胃酸過多症から逆流性食道炎を生じることがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状には無症状の場合もありますが、みぞおち付近の痛み、特に空腹時の痛みが多いです。
その他に胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血や貧血などがみられます

慢性胃炎では、早朝の空腹時や食後に痛みを繰り返し、吐き気などを伴うことがあります。慢性胃炎は大人の半数以上が、慢性胃炎であると言われるぐらいよく起こる病気で、特に高齢者によくみられます。

胃がんは遺伝子の損傷が原因のひとつとして考えられており、慢性胃炎や食生活、ヘリコバクター・ピロリ菌などによって遺伝子が損傷される可能性があります。主な症状には下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血などがあります。

胆石症では突然起こる右上部分の激しい腹痛や発熱で、たまに黄疸が見られる場合があります。胆石症と食事の関係は深く、脂肪分の多い食事をする人が胆石症になりやすいです。

胆嚢炎は胆のうや胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた病気で、みぞおちに激痛がみられ、発熱や黄疸などがみられることが多いです。

スポンサードリンク


胸焼け・胃もたれ・げっぷは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .