頭痛を伴う吐き気・嘔吐

頭痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気 を紹介しています。

頭痛を伴う吐き気・嘔吐

頭痛を伴う吐き気・嘔吐について

頭痛から吐き気・嘔吐を伴う場合に考えられる病気には、
くも膜下出血、硬膜下出血、脳炎、髄膜炎、脳腫瘍、脳卒中、緑内障、片頭痛などがあります。
そこで、胸頭痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

頭痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気

くも膜下出血では後頭部やうなじあたりに突然の激しい頭痛から始まり、嘔吐、意識障害、半身麻痺、失語症などの症状がみられます。脳卒中の1つで何らかの原因でくも膜下腔の脳脊髄液中に血液の混入が見られる状態です。

硬膜下出血は外部からの衝撃によって損傷することで起こります。
外傷を受けてから約2、3ヶ月経過してから頭痛、吐き気、運動麻痺、意識障害、痴呆などがじわじわとあらわれます。

脳炎はウイルスや細菌などが感染して起こる病気です。
例えば、日本脳炎の症状には、悪寒、ふるえ、発熱、頭痛、めまい、嘔吐、倦怠感、食欲不振、くびの筋肉硬直、けいれん、こん睡状態など様々な症状を引き起こします。

髄膜炎とは、脳と脊髄を包んでいる脳膜の軟膜とくも膜に炎症を引き起こす病気で、ウイルス性髄膜炎、細菌性髄膜炎、流行性脳脊髄膜炎、真菌性髄膜炎、がん性髄膜炎などがあります。
主な症状は頭痛、吐き気・嘔吐、高熱、めまい、けいれん、意識障害、運動障害などです。

脳腫瘍は脳や脳周辺に腫瘍ができる腫瘍です。
腫瘍が脳を圧迫することで引き起こされる症状には、頭痛、吐き気、視覚障害などがあります。そして、発生する部位によって運動障害、知覚障害、顔のしびれ・ゆがみ、聴力、視力の低下など様々な症状があらわれます。

緑内障とは目の眼圧(眼球内の圧力)が高くなることで視神経に影響を与え、目に障害が起きる病気です。緑内障の症状には目の痛み、視力障害、視野障害、頭痛、吐き気・嘔吐などです。

片頭痛は何かのきっかけで頭部の血管が拡張し、血管壁にある神経が刺激されることで頭痛が生じます。頭痛、吐き気、嘔吐などの症状があらわれ、激しく動いたりすると痛みが強くなります。

スポンサードリンク


頭痛を伴う吐き気・嘔吐は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .