腹痛を伴う吐き気・嘔吐

腹痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気 を紹介しています。

腹痛を伴う吐き気・嘔吐

腹痛を伴う吐き気や嘔吐について

腹痛を伴う吐き気・嘔吐で考えられる病気には、
急性腹膜炎、虫垂炎、膵炎、胆石症、胆嚢炎、腸閉塞などがあります。
そこで、腹痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

腹痛を伴う吐き気・嘔吐から考えられる病気

急性腹膜炎では突然の激しい激痛が腹部全体に広がり、喉の渇き、吐き気、嘔吐、発熱、腸閉塞症状がみられます。腹膜炎とは腹膜(内臓と腹壁の一部を覆っている薄い膜)に炎症が起きる状態で、細菌の感染による腹膜の炎症が多いです。

虫垂炎とは盲腸の先端にある虫垂といわれる部位に炎症が起こる病気で、盲腸といわれる病気です。上腹部の不快感や鈍痛、その後右下腹部の痛みを感じ、発熱、食欲減退、吐き気、便秘、嘔吐などがみられます。

膵炎とは膵臓が分泌した自分の消化酵素で膵臓が消化されて炎症がおきる病気です。急性膵炎の主な症状には上腹部の痛みが鈍い痛みから激痛へと変わっていきます。同時に吐き気、嘔吐、発熱などを伴います。

胆石症は中年の女性に多い病気です。
突然起こる右上部分の激しい腹痛、発熱で、たまに黄疸が見られる場合があります

胆嚢炎は胆のうや胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた状態のことです。慢性胆のう炎では、右上腹部の痛み、吐き気、下痢、便秘といった症状が見られ、発熱する場合もあります。

腸閉塞(イレウス)とは腸の一部が狭くなって、内容物が詰まる病気です。腹部の張り、腹痛、吐き気、嘔吐、腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)などが起こり、症状が重いと発熱、頻脈、意識混濁などを引き起こす危険性があります。

スポンサードリンク


腹痛を伴う吐き気・嘔吐は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .