腹部のしこり

腹部のしこりから考えられる病気 を紹介しています。

腹部のしこり

腹部のしこりについて

腹部のしこりは、自分でお腹を触ってみるとわかります。
しこりがある場合は早めに医師に診てもらって、いつしこりを覚えたか、痛みの有無やその他症状の有無などを伝える必要があります。
腹部のしこりには悪性腫瘍、良性腫瘍、炎症によるものなど、様々な原因があります。 そこで、腹部のしこりから考えられる病気について紹介します。

スポンサードリンク

腹部のしこりから考えられる病気

子宮筋腫、卵巣嚢腫、腹部動脈瘤、神経芽細胞腫、ウィルムス腫瘍、肝腫瘍など。

子宮筋腫や卵巣嚢腫は女性の病気です。
子宮筋腫は子宮の筋肉にできた腫瘍のことで、球型の良性腫瘍です。30代〜50代に多く、腹部のしこりや月経異常、不正出血、腰痛などの症状がみられます。
卵巣嚢腫とは、卵巣に良性の嚢胞性の腫瘍ができることです。無症状の場合が多いですが、大きくなりはじめると腹部のしこり、腹部膨満感、下腹部痛などがあらわれ始めます。

高齢者の人では腹部大動脈瘤が可能性の1つにあります。腹部大動脈瘤の症状はまだ小さいときは無症状ですが、大きくなっていくと周囲の組織を圧迫していきます。

子供の場合は神経芽細胞腫ウィルムス腫瘍、肝腫瘍などの病気が原因であることもあります。神経芽細胞腫は5歳以下の子供に対するがんです。
ウィルムス腫瘍、腎臓悪性腫瘍は腹部のしこりから気が付くことが多いです。

スポンサードリンク


腹部のしこりは以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .