尿量がいつもより多い(多尿)

多尿から考えられる病気 を紹介しています。

尿量がいつもより多い(多尿)

尿量について

尿量は水分を摂取する量に依存しますが、普通に水分摂取して1日に3L以上もの尿が排出される場合は、病的な多尿の可能性があります。

病的な多尿の場合は水分摂取を控えても尿量は変わらないことが多く、喉の渇きを覚えることもあります。
ここでは、多尿から考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の詳しい解説(症状/検査/治療法など)がわかりますので、是非ご参照ください。

スポンサードリンク

多尿から考えられる病気

糖尿病、慢性腎炎、尿崩症など。

糖尿病は膵臓で作るインスリンに障害があることで、血糖値を下げることができなくなる病気です。喉の渇き、多尿、頻尿がみられ、疲労感、体重減少、多食などの症状があらわれます。

腎炎は糸球体腎炎のことで、血液をろ過する糸球体に何らかの原因で炎症が生じる病気です。初期症状はあまりありませんが、ある程度進行すると腎臓の働きが低下して薄い尿が大量に出るようになります。

尿崩症は尿量を調節するホルモン(抗利尿ホルモン)の分泌が低下することで尿量が多くなる病気です。主な症状は喉の渇き、多飲、多尿で、尿量は1日3Lから10Lにも及びます。

スポンサードリンク


尿量がいつもより多い(多尿)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .