黒い便(タール便)、白い便

黒い便(タール便)や白い便から考えられる病気 を紹介しています。

黒い便(タール便)、白い便

黒い便や白い便について

黒い便が見られる場合は、胃や小腸といった肛門から離れた内臓器官で出血が起こっています。黒色便はタール便と呼ばれることもあり、いろいろな病気が考えられます。

ここでは、黒い便(タール便)や白い便から考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の詳しい解説(症状/検査/治療法など)がわかりますので、是非ご参照ください。

スポンサードリンク

黒い便(タール便)から考えられる病気

食道静脈瘤破裂、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がんなど。

食道静脈瘤とは食道や胃のまわりの血管が大きく腫れた状態で、食道静脈瘤が破裂すると大出血して吐血する可能性があります。食道・胃静脈瘤自体には症状はありませんが、静脈瘤破裂により出血が起こると吐血や黒い便が起こります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は患部の粘膜や筋肉がえぐられて傷つく状態です。
無症状の場合もありますが、みぞおち付近の痛み、特に空腹時の痛みが多く、胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血、下血などもみられます。

胃ポリープとは胃の粘膜の上にできるいぼのような腫瘤で、胃ポリープは胃内腔に突出します。胃ポリープ自体には症状がありませんが、胃炎を伴うと、胃もたれ、みぞおち付近の痛み、胃の不快感といった胃炎の症状が見られます

胃がんに見られる症状には、胃がん特有の症状がありませんが、下痢、便秘、倦怠感、疲労、血便、貧血などの症状がみられます。

白い便から考えられる病気

肝炎、胆嚢炎、タンパク漏出性胃腸症など。

肝炎とは主に肝炎ウイルスに感染することで、肝細胞が破壊される病気です。倦怠感、黄疸などの症状がみられて、便の色が白っぽくなることがあります。

胆嚢炎は胆嚢や胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた状態のことです。右上腹部に激痛がみられ、発熱や黄疸などが多く、白っぽい便がみられることがあります。

タンパク漏出性胃腸症とは、消化管に血液中のタンパク質が大量に漏出してしまう病気です。下痢やむくみが主な症状で、腹水や白っぽい脂肪を含んだ便がみられることもあります。

スポンサードリンク


黒い便(タール便)、白い便は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .