肛門周囲膿瘍(症状/検査/治療)

肛門周囲膿瘍 を紹介しています。

肛門周囲膿瘍(症状/検査/治療)

肛門周囲膿瘍とは?

肛門周囲膿瘍は肛門と直腸の境目付近(歯状線)に膿瘍がたまる病気です。
この原因は細菌の感染によるもので、大腸菌、クレブシエラ菌、バクテロイデス菌が多いです。そのため、肛門付近を清潔に保つことが肛門周囲膿瘍の予防に大切です。

スポンサードリンク

肛門周囲膿瘍の症状

膿瘍がズキズキと痛むのが特徴で、歩くと痛みが強くなります。
しかし肛門から深い部分で膿瘍が発生すると、強い症状があらわれず、下腹部の鈍痛として症状がみられることがあります。
なお、膿瘍が大きくなると発熱することがあります。

肛門周囲膿瘍の検査

問診、視診、肛門指診、肛門鏡診など。
通常は上記の検査で診断は容易です。浅い部分の膿瘍は視診でわかりますが、深いところの膿瘍では指診で診断できます。

肛門周囲膿瘍の治療

皮膚を切開して膿を取り出します。
早めの治療が大切で、膿を出すと症状は改善します。
なお、膿瘍が非常に大きい場合は入院しながらの治療となります。

スポンサードリンク


肛門周囲膿瘍(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .