痔ろう(症状/検査/治療)

痔ろう を紹介しています。

痔ろう(症状/検査/治療)

痔ろうとは?

痔ろうは肛門周囲膿瘍が破れたりして、その膿瘍の穴の開いた部分がふさがらずに残っている状態のことです。

痔ろうは主に4つのタイプに分類できますが、半数以上を占める一般的なタイプはU型痔ろうです。U型痔ろうは筋間痔ろうとも呼ばれて、がっしりした男性に多いです。

スポンサードリンク

痔ろうの症状

主な症状は患部の激しい痛みで、何度も繰り返し起こります。
痔ろうでは肛門の皮膚に孔があいているために、孔から粘液、膿、血が出ることがあります。そのために、下着に汚れが付着してかゆみを引き起こす原因となります。
痔ろうは自然治癒しないため、放っておくと症状が進行し、痔ろうの管が枝分かれて複雑痔ろうを引き起こしたり、痔ろうがんを発生する可能性があります。

痔ろうの検査

問診、視診、肛門指診、肛門鏡診など。
通常は上記の検査で診断は容易ですが、ガンや結核、クラミジアなどの感染症でも似た症状が起こるため、必要に応じて内視鏡検査やX線検査を実施することがあります。

痔ろうの治療

痔ろうの治療では手術が必要です。

痔ろうの手術では細菌の入り口、痔ろう自体及び膿の出口の三箇所を切除します。肛門括約筋を傷つけると便が漏れる後遺症を引き起こすため、コアリングアウト法やシートン法といった肛門括約筋を損傷しない方法で手術が行われます。

スポンサードリンク


痔ろう(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .