頻尿

頻尿から考えられる病気 を紹介しています。

頻尿

頻尿について

一般的な人では一日に5〜6回排尿するといわれていますが、『頻尿』といわれる場合は6回以上のことをいいます。
また、トイレ間隔が2時間に一回以上、そして寝てからの夜中の排尿が2回以上の場合も頻尿と呼ばれます。

ここでは、頻尿から考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の詳しい解説(症状/検査/治療法など)がわかりますので、是非ご参照ください。

スポンサードリンク

頻尿から考えられる病気

膀胱炎、前立腺肥大症、前立腺がん、尿路結石、糖尿病など。

膀胱炎は主に細菌が膀胱に感染して炎症を起こす病気で、排尿痛、頻尿、血尿の症状が特徴的です。

前立腺肥大症とは、前立腺が肥大する病気です。
前立腺が肥大する原因としては加齢、食生活、頻繁な性活動、下半身の血行不良などがあります。
主な症状は頻尿、残尿感、排尿困難、血尿、足のむくみ、倦怠感などです。

前立腺がんには早期の自覚症状はないために、前立腺がんの症状が現れたときには、すでにガンが進行しています。主な症状は排尿困難、膀胱刺激症状、排尿痛、血尿、頻尿などです。

尿路結石症とは、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石の総称のことで、30〜40代の男性に多い病気です。尿路結石では疝痛と血尿が主な症状ですが、結石が膀胱内を刺激して頻尿になることがあります。

糖尿病が進行したときに、残尿感とともに頻尿症状があらわれることがあります。その他糖尿病の症状は、疲労感、のどの渇き、体重減少などがあります。

スポンサードリンク


頻尿は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .