血尿

血尿から考えられる病気 を紹介しています。

血尿

血尿について

血尿には見た目でわかる血尿から顕微鏡で観察しないとわからない血尿まであります。
血尿が起こる原因には、泌尿器系の病気、腎臓の病気、全身的な病気が考えられますが、病気でなくても血尿がみられることがあります。 ここでは、血尿から考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の詳しい解説(症状/検査/治療法など)がわかりますので、是非ご参照ください。

スポンサードリンク

血尿から考えられる病気

尿路結石、前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がん、膀胱炎、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ症候群など。

尿路結石症とは、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石の総称のことで、膀胱内に結石があると排尿時の痛みや血尿などがみられます。血尿の程度は肉眼で尿中の血を確認できるものから顕微鏡で確認されるものまであります。

血尿がみられる前立腺の病気には前立腺肥大症、前立腺炎、前立腺がんなどがあります。特に前立腺肥大症と前立腺がんは症状が似ているため、注意が必要です。

膀胱炎とは、膀胱に炎症が引き起こされる病気で、主に排尿痛、頻尿、血尿、膿を含んだ尿などの症状がありますが、ときに血尿がみられます。

急性腎炎は糸球体腎炎のことで、血液をろ過する糸球体に何らかの原因で炎症が生じる病気です。一般的に喉の痛みが起きはじめて、その後コーラ色の血尿、むくみ、尿量の減少などが見られるようになります。
慢性腎炎は腎臓の炎症性の病気で、長期間にわたり蛋白尿や血尿の症状がみられる状態をいいます。 病型は様々で、自覚症状がないもの、高血圧を伴うもの、ネフローゼ症候群がみられるもの、腎不全に陥って尿毒症になるものなどがあります

ネフローゼ症候群とは、腎臓の糸球体に障害が起きてタンパク質に尿が漏れて血中の濃度が減少し 主にむくみといった症状があらわれる症候群です。特徴的な症状はむくみで、血尿を伴うことがあります。

その他血尿がみられる病気には白血病、血小板減少症、肝硬変、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、腎硬化症、腎盂腎炎などがあります。

スポンサードリンク


血尿は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .