おりものの異常

おりものの異常から考えられる病気 を紹介しています。

おりものの異常

おりものの異常について

おりものは膣からの分泌物で、おりものの異常は子宮、膣、外陰部の異常を知らせる大事な目印となります。

月経と月経の間では生理的におりものが増えます。
この時のおりものの色は白色やクリーム色で、臭みはありません。そのほかには性的興奮時や妊娠時におりものが生理的に多くなります。

ここでは、おりものの異常から考えられる病気について紹介します。
病名をクリックするとその病気の詳しい解説(症状/検査/治療法など)がわかりますので、是非ご参照ください。

スポンサードリンク

黄色いおりものから考えられる病気

トリコモナス膣炎、非特異性膣炎、老人性膣炎(萎縮性膣炎)、淋病、子宮頸がん、カンジタ膣炎、クラミジアによる子宮頸管炎など。

トリコモナス膣炎は性感染症の1つで、女性の2人に1人は感染するといわれる頻度の高い感染症です。黄緑色で悪臭のある膿性おりものが特徴で、膣、大小陰部のかゆみや性交痛、膣壁・子宮頸部の赤い腫れ、出血などを伴うことがあります。

非特異性膣炎は検査で病原微生物(トリコモナス、淋菌、カンジタなど)の存在が認められない、原因不明の膣炎です。白色のおりもの、または黄色のおりものが多くなり、排尿痛、下腹部の痛み、まれに血液がおりものに混じることがあります。

萎縮性膣炎は閉経後や卵巣摘出後の女性ホルモン(エストラジオール)の減少が原因で発症する膣炎です。黄色っぽいおりものが増加し、性交痛や性交時の接触出血を引き起こすことがあります。

淋病では女性は男性の場合よりは症状が軽く、自覚症状がほとんどないこともあります。おりものの増加、排尿痛などがみられます。

子宮頸がんは子宮頸管に発生するがんで、Tb期からは性交時の出血、色のついたおりものの増加がみられるようになります。

カンジタ膣炎は、カンジタというカビの一種が膣で増殖して発症します。外陰部や周囲のかゆみ、クリーム状の濃いおりものの増加、疼痛、性交痛などの症状がみられます。

子宮頸管炎は微生物が子宮頸管に感染して、頸管粘膜に炎症をおこす病気で、急性の頸管炎の場合は、膿性のおりものの増加、下腹部痛、腰痛、発熱などの症状がみられます。

茶色いおりものから考えられる病気

非特異性膣炎、老人性膣炎(萎縮性膣炎)などの可能性があります。

血の混じるおりものから考えられる病気

不正出血、子宮頸がんなどの可能性があります。

おりものが臭いときに考えられる病気

子宮頸がんなどの可能性があります。

その他おりものの異常から考えられる病気

尿道炎、子宮膣部びらんなど。

尿道炎は主に性感染症、化学物質による刺激などによって尿道に炎症が起こる病気です。淋菌性尿道炎の場合は、感染後3日以内に激しい排尿痛が起こり、黄色い膿が尿道口からみられます。

子宮膣部びらんとは不正出血の原因となる疾患で、子宮膣部にただれ(びらん)の様なものができる状態をいいます。びらんによって黄色または白いおりもの、不正出血などの症状を起こしやすくなります。

スポンサードリンク


おりものの異常は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .