顔面痙攣/眼瞼痙攣(症状/原因/検査/治療)

顔面痙攣/眼瞼痙攣 を紹介しています。

顔面痙攣/眼瞼痙攣(症状/原因/検査/治療)

顔面痙攣/眼瞼痙攣とは?

顔面痙攣は片側の顔面神経が自分の意思とは無関係に動く状態のことで、何らかの原因で顔面神経が異常な刺激を受けることで顔面に痙攣が起こります。

眼瞼痙攣ではまぶたのピクピクとした痙攣から始まり、目が閉じてしまうこともあります。眼瞼痙攣には両目が痙攣する本態性眼瞼痙攣と、片側の目と口の周囲が痙攣する片側顔面痙攣があります。

スポンサードリンク

顔面痙攣/眼瞼痙攣の症状

顔面痙攣の症状では目や口の周りの筋肉がピクピクと痙攣したりひきつったりします。眼瞼痙攣ではまぶたのピクピクとした痙攣や、痙攣で目が閉じてしまって開かなくなるといった症状などがあります。

顔面痙攣/眼瞼痙攣の原因や検査

検査ではX線CTやMRIによって痙攣の原因を探ります。

顔面痙攣を引き起こす原因には血管による顔面神経の圧迫、顔面神経麻痺の後遺症、腫瘍や動脈瘤などがあります。

本態性眼瞼痙攣の原因は明らかになっていませんが、脳内の異常によって顔面神経に障害が生じていることが原因の1つとして考えられています。
片側顔面痙攣の場合は頭蓋骨内の血管が顔面神経を圧迫していることで痙攣を引き起こすといわれています。

顔面痙攣/眼瞼痙攣の治療

顔面痙攣の治療には、筋弛緩剤、精神安定剤、鎮痙剤による薬物療法やボツリヌス毒素の顔面注射で治療します。
眼瞼痙攣の治療も抗痙攣薬、精神安定剤、ボツリヌス菌毒素の注射が行われますが、原因の治療は難しいです。

スポンサードリンク


顔面痙攣/眼瞼痙攣(症状/原因/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .