多発性硬化症(症状/検査/治療)

多発性硬化症(MS) を紹介しています。

多発性硬化症(症状/検査/治療)

多発性硬化症とは?

多発性硬化症はMSとも言われ、中枢神経組織の"髄梢"と呼ばれる部位が免疫異常で破壊され、視力低下や運動麻痺が起こることをいいます。

多発性硬化症は寒い地域で起こりやすく、日本では東北や北海道に住む女性に多い傾向です。特に女性の場合は妊娠、出産などが多発性硬化症を発病させるきっかけとなることがあります。

スポンサードリンク

多発性硬化症の症状

多発性硬化症の症状は人によって様々ですが、視力障害から始まることが多いといわれています。
視神経の障害には、眼球運動障害、視神経の萎縮、眼振などがあります。
その他の症状には歩行障害、下肢の運動機能障害、手足の感覚の低下、排尿障害、排便障害、ろれつが回らない、痙性麻痺など様々です。このような症状は突然起こって回復し、そして再発するのが多発性硬化症の特徴です。

多発性硬化症の検査・診断

多発性硬化症の検査・診断にはMRIが、髄液検査などが行われます。
次のようなものが診断するときのポイントとなります。

「中枢神経の異常、2回以上の発作、他の病気の可能性がない」
このような3つのポイントを確認することで、多発性硬化症の診断が可能です。

多発性硬化症の治療

多発性硬化症の治療には、薬物療法が用いられます。
よく用いられる薬には、炎症を抑える副腎皮質ホルモン剤、抗痙縮剤などがあります。
このような薬を使用した大量投与やパルス療法などが行われますが、根本を治す治療法はありません。

スポンサードリンク


多発性硬化症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .