群発性頭痛(症状/検査/治療)

群発性頭痛 を紹介しています。

群発性頭痛(症状/検査/治療)

群発性頭痛とは?

群発性頭痛とは片頭痛と同じく頭部の血管が拡張し、血管壁にある神経が刺激されることで頭痛が生じると考えられています。
群発性頭痛の特徴は一定期間に頭痛が集中して起こることと、20代〜30代の男性に多いことです。

スポンサードリンク

群発性頭痛の症状

群発性頭痛は一定期間、毎日のように集中して起こります。この期間は1、2ヶ月で頭痛は数十分〜数時間に及びます。
頭痛に伴い眼の奥の痛みや、充血、鼻詰まりなどの症状がみられます。

群発性頭痛の検査

頭部CT検査やMRI検査などを行い、他の病気ではないことを確認します。

群発性頭痛の治療

群発性頭痛が起きているときは、飲酒(アルコール)によって頭痛になることが言われていますので、この期間は飲酒を控える必要があります。
群発性頭痛に対する薬物療法では、血管の拡張を抑制する薬を用いることが多いです。
頭痛の発作中は酸素吸入で頭痛が治まりやすいです。

スポンサードリンク


群発性頭痛(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .