ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)

ギラン・バレー症候群(急性多発性神経炎) を紹介しています。

ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)

ギラン・バレー症候群とは?

ギラン・バレー症候群は急性多発性神経炎とも呼ばれ、自己免疫異常によって末梢神経に麻痺が起こる状態をいいます。
ギラン・バレー症候群で麻痺が起こる仕組みは、末梢神経に対するアレルギー反応で抗体が作られ、これが神経機能を麻痺させるといわれています。

スポンサードリンク

ギラン・バレー症候群の症状

麻痺症状がみられますが、治りやすいです。麻痺が起きる前は、約1週間前から風邪や下痢症状が起こり、足が重く感じたり、痺れを感じたりしていることが多いです。
その後突然、手足の麻痺症状があらわれ、ひどい場合は顔面神経麻痺、呼吸筋の麻痺、脳神経麻痺を伴うことがあります。
一般的に麻痺症状は数週間で回復していきます。

ギラン・バレー症候群の検査

髄液検査、検便、抗体値検査、筋電図など。
症状があらわれたら早めに診てもらう(神経内科など)ことが大切です。

ギラン・バレー症候群の治療

一般的に麻痺は時間が経過すると回復していくため、麻痺の回復を促す運動訓練を行います。
呼吸麻痺を引き起こしている場合は人工呼吸で回復を待ちます。

スポンサードリンク


ギラン・バレー症候群(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .