脳動脈硬化症・脳循環不全症(症状/検査・治療)

脳動脈硬化症・脳循環不全症 を紹介しています。

脳動脈硬化症・脳循環不全症(症状/検査・治療)

脳動脈硬化症・脳循環不全症とは?

脳動脈硬化症とは、脳の動脈硬化によって引き起こされる病気のことをいいます。脳の動脈硬化では血流低下や循環不全を引き起こすため、脳機能が低下します。

脳動脈硬化症に脳循環不全症というものがあります。
脳循環不全症は脳動脈硬化によって脳内の血液循環が低下し、脳機能の低下を引き起こす病気です。

脳の動脈硬化は20代から始まっていきますので、加齢とともに脳循環不全症が現われやすくなっていきます。

スポンサードリンク

脳循環不全症の症状

脳循環不全症の症状には、物忘れ、肩こり、手足の痺れ、頭痛、めまい、立ちくらみ、耳鳴り、冷感じ、不眠など、様々な症状があります。

身体的な症状の他にも精神的な症状も見られる場合があり、例えば「怒りやすくなった、頑固な面が強くなった」などの性格が目立つようになったりします。

脳循環不全症の検査・治療

脳循環不全症では脳内の動脈硬化を確認します。

そしてCT検査では脳の萎縮に脳溝や脳室の拡大が観察されます。
脳の動脈硬化は加齢によるものですので、動脈硬化の進行を抑える治療になります。

そこで、脳の動脈硬化を促進させる高血圧や高脂血症などの要因があれば、その要因に対する治療が行われます。

スポンサードリンク


脳動脈硬化症・脳循環不全症(症状/検査・治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .