椎骨脳底動脈循環不全症(症状/検査/治療)

椎骨脳底動脈循環不全症 を紹介しています。

椎骨脳底動脈循環不全症(症状/検査/治療)

椎骨脳底動脈循環不全症とは?

椎骨脳底動脈循環不全症とは、小脳や脳幹へ流れる血管(椎骨脳動脈)に血流障害や生じることで様々な症状を引き起こすことをいいます。

椎骨脳底動脈循環不全症は中高年や高齢者に多く、椎骨脳底動脈の動脈硬化と低血圧から引き起こることが多いです。

その他の血流障害を引き起こす原因には、脳血栓、頚椎の変形、首や頭の方向などがあります。

スポンサードリンク

椎骨脳底動脈循環不全症の症状

歩くとフラフラするめまいで、数分〜1日以内に回復するという症状が主にみられ、顔面や手足の痺れ、運動障害、ものが二重に見えるといった症状も伴うことが多いです。

椎骨脳底動脈循環不全症の検査

主にMRI、X線CT検査、血管造影などの画像診断が行われます。

椎骨脳底動脈循環不全症の治療

治療では血圧管理と血栓形成の予防が大切です。
血圧管理では薬による血圧低下や起立時の低血圧に注意を払います。薬物療法では脳血流改善薬がよく使われます。

スポンサードリンク


椎骨脳底動脈循環不全症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .