三叉神経痛(症状/検査/治療)

三叉神経痛 を紹介しています。

三叉神経痛(症状/検査/治療)

三叉神経痛とは?

三叉神経痛は顔面の感覚神経である三叉神経の神経痛です。

三叉神経痛の患者さんは特に中年の女性に多く、片側の顔面に強い痛みを感じます。また、季節の変わり目や、あくび、洗顔などがきっかけとなって起きることがあります。

スポンサードリンク

三叉神経痛の症状

突然、顔面に激しい痛みが数十秒から数分続きます。

三叉神経は顔面を左右別々に走っているので、片側の顔面が痛むことがほとんどです。この痛みは針でチクチクと刺されたような痛みで、激しく痛みます。
短く何度も起こるので、何もできなくなるといった状態になり、生活に支障をきたします。

三叉神経痛の検査

三叉神経痛の診断は患者さんの症状からつくことが多いです。特に検査はありません。

三叉神経痛の治療

三叉神経痛の原因は血管などによる圧迫が原因で痛みを生じると考えられていますが、はっきりとはわかっておりません。
治療では抗てんかん薬が使われることが多いです。

しかし、それだけでは治らない場合は三叉神経と動脈が触れないように、神経と動脈の間に小さなスポンジを埋めこむ手術が行われます。この手術により痛みを抑えることができます。

スポンサードリンク


三叉神経痛(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .