ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)

ベル麻痺 を紹介しています。

ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)

ベル麻痺とは?

ベル麻痺とは顔面神経麻痺のひとつで、顔面神経の機能が一時的に欠如する状態をいいます。

ほとんどの場合が良性のベル麻痺で、次第に回復傾向に向かいます。
ベル麻痺を引き起こす原因は明らかになっていませんが、冷たい風に顔が当たったときやストレス、過労などがきっかけで起こることがあります。

スポンサードリンク

ベル麻痺の症状

ベル麻痺の症状には片側の顔面が麻痺する顔面麻痺の症状がみられます。

片側の顔面にある筋肉が麻痺することで、目を閉じることができないといった特徴的な症状が起こります。表情を作ろうとすると顔が引きつってしまい、眉が持ち上がらなくなるといったことも起こります。

その他の症状には、舌の半分に味覚障害が起きたり、涙の分泌異常、麻痺側の聴覚異常などの症状を伴うことがあります。

ベル麻痺の検査・診断

診察で診断がほとんど診断可能ですが、必要に応じて血液検査、X線CT、MRIなどの検査を行います。

ベル麻痺の治療

ベル麻痺による片側の目が閉じられない症状に対しては、眼帯や点眼薬などを使用します。

麻痺症状の回復を促すためにビタミン薬が使用されることもあります。
回復し始めると、顔面運動の訓練を行います。
ベル麻痺に対して原因となる病気が他にある場合は、その病気の治療も行います。

スポンサードリンク


ベル麻痺(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .