髄膜炎(症状/検査・診断/治療)

髄膜炎 を紹介しています。

髄膜炎(症状/検査・診断/治療)

髄膜炎とは?

髄膜炎は脳や脊髄にある髄膜に炎症が起きる状態で、ウイルスや細菌による感染で炎症が起こります。

髄膜炎は無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎に分類されます。
無菌性髄膜炎はウイルス感染によるもので、細菌性髄膜炎は細菌感染によるもので症状や後遺症の度合いが異なってきます。

新生児はB型連鎖球菌、大腸菌、リステリアなどの感染が多く、乳児期や幼児期にはインフルエンザや肺炎球菌による感染が多いです。
成人の場合は肺炎球菌、髄膜炎菌、インフルエンザ菌による感染が主な原因になります。

スポンサードリンク

髄膜炎の症状

ウイルスによる無菌性髄膜炎は細菌性髄膜炎より症状が軽いですが、症状には細菌性髄膜炎と同じ寒気、高熱、頭痛、嘔吐、吐き気がみられます。

細菌性髄膜炎も寒気と高熱から始まって、強い頭痛が起きます。
その他吐気、嘔吐、項部硬直(首の後ろが硬直)があり、細菌性髄膜炎ではさらに知覚障害や麻痺を起こす可能性も高いです。

髄膜炎の検査・診断

髄膜炎の検査には主に髄液検査が行われます。

髄液は脳と脊髄を取り囲む液体で、ウイルスや細菌感染で髄液が変化する場合があります。髄液の採取は、背骨の第3腰椎と第4腰椎の間に注射張りを刺して採取する腰椎穿刺が行われます。

なお髄液検査で、髄膜炎に関与する各項目の基準値を以下に示します。
1.髄液中の細胞数…0〜5個/ml以下
2.髄液糖…50〜75mg/dl
3.培養検査…陰性

髄液中の細胞数が増加し、髄液糖が低値であると髄膜炎の疑いがあり、培養検査で陽性の場合は細菌感染の可能性があります。
その他必要に応じて血液検査、尿検査、X線検査、心電図、脳は検査を行って診断します。

髄膜炎の治療

細菌性髄膜炎の場合は抗生物質による薬物療法で治療を行いますが、ウイルス性髄膜炎は有効な薬がないために対症療法を行います。

スポンサードリンク


髄膜炎(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .