脳出血(症状/検査・診断/治療)

脳出血 を紹介しています。

脳出血(症状/検査・診断/治療)

脳出血とは?

脳出血は脳卒中の1つで、脳内の血管が破裂して出血した状態です。
脳出血の原因には動脈硬化による動脈瘤が破裂することが多く、高血圧に伴って起こりやすくなります。その他には外傷や出血性疾患なども原因となる可能性があります。

スポンサードリンク

脳出血の症状

脳出血が起きると脳神経症状が突然起こって、意識障害、頭痛、半身麻痺を伴うことが多いです。症状の度合いは出血の程度によって異なりますが、活動時に症状が起こりやすいです。
小脳による出血の場合は、激しい頭痛、吐き気、嘔吐、めまいが起きて意識障害は見られません。

脳出血の検査・診断

主な検査項目には血圧測定、X線CT、脳波検査、MRA、MRI、頭部血管造影、動脈血ガス分析などがあります。検査はX線CTとMRIで100%診断可能ですが、必要に応じてその他検査を実施して診断します。

脳出血の治療

血圧や脳の腫れに対する治療がすぐに行われ、必要に応じて人工呼吸や気管切開を実施します。場合によっては血液の塊を除去する手術や血液を吸いだす手術が必要な場合もあります。

スポンサードリンク


脳出血(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .