くも膜下出血(症状/治療・手術/原因)

くも膜下出血 を紹介しています。

くも膜下出血(症状/治療・手術/原因)

くも膜下出血とは?

くも膜下出血とは、脳卒中の1つで何らかの原因でくも膜下腔の脳脊髄液中に血液の混入が見られる状態です。
くも膜下出血を引き起こす原因には、脳内の血管にできた動脈瘤の破裂が半数以上ですが、その他には脳動静脈奇形、高血圧性脳出血、モヤモヤ病、脳腫瘍、外傷による出血などが原因となります。

スポンサードリンク

くも膜下出血の症状

突然の激しい頭痛から始まり、嘔吐、意識障害、半身麻痺、失語症などの症状があります。また、くも膜下出血を引き起こすと死亡する可能性も高く、その割合は半数以上です。

くも膜下出血の検査・診断

検査にはX線CT、腰椎穿刺でくも膜下出血の有無を確認し、脳血管造影で動脈瘤や動静脈奇形を確認します。

くも膜下出血の治療・手術

くも膜下出血の原因が脳動脈瘤の場合は、症状の度合いに適した手術が行われます。手術にはメスを使用する直達手術、コイル塞栓術、バルーンを使用して瘤を閉塞させる方法などがあります。

 動静脈奇形が原因である場合は、その状態に応じて摘出術、放射線学的処置、塞栓術などが行われます。

スポンサードリンク


くも膜下出血(症状/治療・手術/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .