慢性硬膜下出血(症状/検査・診断/治療)

慢性硬膜下出血 を紹介しています。

慢性硬膜下出血(症状/検査・診断/治療)

慢性硬膜下出血とは?

慢性硬膜下出血とは、頭蓋骨の下の脳を覆っている硬膜と脳の表面の間に血液がたまる状態で、脳内に圧迫症状を引き起こします。
硬膜下出血を起こる原因は外部からの衝撃によって損傷することでおこり、転倒しやすい高齢者が多いです。

スポンサードリンク

慢性硬膜下出血の症状

慢性硬膜下出血の症状は、外傷を受けてから時間をかけてあらわれ、一般的に2、3ヶ月経過してから起こります。
具体的な症状としては頭痛、吐き気、運動麻痺、意識障害、痴呆などがじわじわとあらわれます。

慢性硬膜下出血の検査・診断

慢性硬膜下出血の検査にはX線CT検査で診断が可能です。

慢性硬膜下出血の治療

慢性硬膜下出血の治療は血腫の除去が行われます。
血腫の除去術は頭蓋骨に穴を開けて血の塊を吸い出す方法で、ほとんどの場合血腫を除去することで治癒します。症状が比較的軽度な場合には、薬物療法によって血腫を除去する方法もあります。

スポンサードリンク


慢性硬膜下出血(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .