てんかん(症状/検査・診断/治療)

てんかん を紹介しています。

てんかん(症状/検査・診断/治療)

てんかんとは?

てんかんとは脳の神経細胞の働きが過剰に反応して起こる慢性的な病気で、原因不明の真性てんかんと原因が明らかな症候性てんかんがあります。

思春期からのてんかんは原因がわからない場合が多いですが、成人からのてんかんの原因には脳腫瘍、動静脈奇形、頭部外傷による後遺症などが多いです。
なお、症候性てんかんの原因には脳腫瘍、頭部外傷、脳卒中、脳炎、髄膜炎、妊娠中毒、一酸化炭素中毒などがあります。

スポンサードリンク

てんかんの症状

 てんかんの症状には症状の度合いによって、大発作、小発作、精神運動発作、ジャクソン発作といった種類に分かれます。

 大発作では突然意識を失い、体が突っ張る強直性けいれんと一定のリズムで筋肉が動く間代けいれんを引き起こします。大発作で起こるその他症状には尿失禁、発作後の睡眠、口から泡を吹くなどがあります。

 小発作では数秒間、瞬間的に意識を喪失する状態で記憶もありません。
精神運動発作では突然よくわからない動作を始めたり、吐き気、頭痛、嘔吐などを引き起こします。
ジャクソン型発作(焦点性発作)では、身体の部分的に起きたけいれんが全身けいれんに広がっていきます。

てんかんの検査・診断

脳波検査、X線CT、MRIなど。
てんかんの検査には問診と脳波検査でおおよそ診断がつきます。
症候性てんかんはX線CTや頭部MRIなどの精密検査が行われます。

てんかんの治療

てんかんの治療には抗てんかん薬を、てんかんの種類や発作型に応じて使用します。

抗てんかん薬の適用にはてんかん薬の血中濃度、脳波検査などを定期的に実施します。てんかんを引き起こす原因が明らかな場合はその病気の治療も行います。

スポンサードリンク


てんかん(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .