脳腫瘍(症状/検査・診断/治療)

脳腫瘍 を紹介しています。

脳腫瘍(症状/検査・診断/治療)

脳腫瘍とは?

脳腫瘍は脳や脳周辺に腫瘍ができる腫瘍です。

脳腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、約半数は良性腫瘍であるといわれています。
脳腫瘍が発生する原因は不明で、発生部位には脳組織、脳を含む膜、脳神経、頭蓋骨、副鼻腔、他の部位からへの転移があります。

スポンサードリンク

脳腫瘍の症状

腫瘍が脳を圧迫することで引き起こされる症状(頭蓋骨内圧亢進症状)には、頭痛、吐き気、視覚障害などがあります。

腫瘍の発生部位によって起こる特有の症状(局所症状)にはてんかん発作、神経機能の麻痺による運動障害、知覚障害などがあります。
神経機能の麻痺では、上肢や下肢の運動障害や物が二重にみえたり、顔のしびれ・ゆがみ、聴力、視力の低下などの症状があらわれます。

脳腫瘍の検査・診断

脳腫瘍の検査にはX線CT、MRI、頭部血管造影、脳波検査などがあります。
脳腫瘍の中心的な検査項目はX線CTで、約9割の脳腫瘍の診断が可能です。

脳腫瘍の治療

脳腫瘍の治療には腫瘍の除去を行います。

腫瘍が良性の場合は完全治癒が期待でき、腫瘍の摘出と放射線療法、化学療法、免疫療法と組み合わせながら治療します。

一方で悪性腫瘍は予後が良くありません。
脳腫瘍は時間経過とともに症状が悪化しやすいためにすぐに治療することが大切です。

スポンサードリンク


脳腫瘍(症状/検査・診断/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .