髄膜炎(症状/検査・診断/原因)

髄膜炎 を紹介しています。

髄膜炎(症状/検査・診断/原因)

髄膜炎とは?

髄膜炎とは、脳と脊髄を包んでいる脳膜の軟膜とくも膜に炎症を引き起こす病気です。

髄膜炎を引き起こす原因には、細菌、ウイルス、かびなどが軟膜やくも膜に感染することが原因で、炎症をおこした原因微生物によって症状なども異なってきます。
髄膜炎には主にウイルス性髄膜炎、細菌性髄膜炎、流行性脳脊髄膜炎、真菌性髄膜炎、がん性髄膜炎などがよくいわれます。

スポンサードリンク

髄膜炎の症状

ウイルス性髄膜炎の症状は頭痛、発熱などで軽症の場合が多いです。

細菌性髄膜炎は突然の寒気、発熱、激しい頭痛、嘔吐からはじまり意識障害やけいれんをおこすこともあります。髄膜炎菌の感染による流行性脳脊髄炎は寒気、発熱、激しい頭痛、嘔吐のほかに発疹、腰痛、下痢などもみられます。

結核性髄膜炎や真菌製髄膜炎は発熱、頭痛、嘔吐の他にけいれん、意識障害がみられ、脳神経麻痺などの症状がある可能性もあります。
がん性髄膜炎では頭痛や脳神経麻痺など、症状は様々です。

髄膜炎の検査・診断

髄膜炎の検査・診断には、通常は脊椎穿刺で髄液検査をおこないます。

髄液とは脳と脊髄を取り囲む液体で、ウイルスなどの感染で異常が起きると髄液が変化することがあります。髄液検査には髄液の見た目、髄液中の細胞数、髄液たんぱく、髄液糖、培養検査などの検査項目があります。

スポンサードリンク


髄膜炎(症状/検査・診断/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .