高血圧性脳症(症状/検査/治療)

高血圧性脳症 を紹介しています。

高血圧性脳症(症状/検査/治療)

高血圧性脳症とは?

高血圧性脳症は急激な血圧の上昇によって脳浮腫が生じ、それに伴う様々な症状を引き起こす状態のことです。
高血圧脳症を引き起こしやすい基礎疾患には、褐色細胞種、悪性高血圧症、アルドステロン症、糸球体腎炎、妊娠中毒症など、高血圧をきたす基礎疾患を持つ方が起こりやすいです。

スポンサードリンク

高血圧性脳症の症状

高血圧性脳症の症状には一過性の頭痛、吐き気、嘔吐、視力障害、意識障害、けいれんなどがあります。

高血圧性脳症の検査

頭部CTスキャンが行われ、脳出血と区別するために必要です。
このとき脳出血とは違い、高血圧性脳症では出血の異常陰影はみられず、脳浮腫の所見が見られることがあります。

高血圧性脳症の治療

高血圧性脳症の治療には血圧のコントロールが大切で、薬物療法では降圧剤がよく使われます。また、浮腫に対しては脳浮腫治療剤がよく使用されます。

スポンサードリンク


高血圧性脳症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .