無症候性心筋虚血(症状/検査/原因)

無症候性心筋虚血 を紹介しています。

無症候性心筋虚血(症状/検査/原因)

無症候性心筋虚血とは

無症候性心筋虚血(SMI)とは、狭心症の原因となる冠動脈に狭窄や閉塞を持ちますが、狭心症の自覚症状が起きない状態のことをいいます。

無症候性心筋梗塞には3つの型があり、
1.狭心症や心筋梗塞の経験がなくて無症状で現われる
2.心筋梗塞を引き起こした後無症状で現われる
3.狭心症による狭心痛発作の中に無痛の心筋虚血が現われる、の3種類です。

スポンサードリンク

無症候性心筋虚血の検査

運動負荷心電図、ホルター心電図、冠動脈造影法など。

無症候性心筋虚血の原因

無症候性心筋虚血の原因には冠動脈硬化があります。

この冠動脈硬化を引き起こす原因となる要因には、遺伝、体質、環境、喫煙、高血圧、糖尿病、高尿酸血症、痛風、肥満、運動不足、高脂肪食、高エネルギー食などさまざまです。

スポンサードリンク


無症候性心筋虚血(症状/検査/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .